【The Yellow Monkey】タグの付いたエントリー

The Yellow Monkey Is Here. New Best

|

ベスト盤を全曲再録音、それも細かなアレンジこそあれアコースティック版とかにするわけでもなく直球の取り直し。バンドの状態によほどの自信がないとできない企画にまずは拍手。

そして仕上がったアルバムは、予想以上に生々しいスタジオライブ感のあるサウンドでした。オリジナルはいい意味でこねくり回して作られたサウンドだったのが、これは予想外の方向性。

曲によってはオリジナルの若さゆえのギラギラ感、2度は撮れないようなミラクルなテイクがたくさんある中で、これはやっぱりオリジナルの方がよいか?と思うのもあれば、超絶グレードアップしている曲たちもある不思議なベスト盤です。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1ac1b

ついにこの日が来た。The Yellow Monkeyのバースデイ12/28の特別ライブ、メカラウロコ。武道館は落選。東京在住にも関わらずライブビューイングだったわけです。不覚・・・

しかしライブビューイングは良いカメラワークと整った音響で聴けるので良しとしよう。

果たしてセットリストはどうなるのか。古い曲をやってくれるのは間違いないが・・・結果としては、最高でした。もう死んでもいいと思いました。いや生きる。生きててよかった。5回位泣いた。

音は序盤「ちっさ!おもてたの1/50の音量じゃねーか!」と思ったんだけど徐々に調整されいい感じの爆音になりました。拍手とかの盛り上がりも中々良好で歌うべきところはみんなで歌う。手も大事なところは挙げるって感じで良かったんじゃないかと。しかし音量の違いで静かめの曲のメロとかを普通に後ろの人に歌われると勘弁してくれって感じがありましたけど。

A12EVicYT4L SL1500待望のライブ映像リリースです。
奇しくも私が今回のツアーで見に行ったさいたまスーパーアリーナ2日目の映像化となりました。

せっかくなら他の日でもよかったな、横アリ見たかったなとか思いつつも当時の記憶がよみがえる感じで楽しめました。

ライブを見たときの感想としては

「生きててよかった」The Yellow Monkey さいたまスーパーアリーナ セットリスト 感想

こちらにまとめておりますので合わせてお読み頂けますと幸いです。

そして映像の感想ですが(BD版を購入)
「すみません、まだ2回しか見ていません(宇多丸風)」
1曲ごとの感想は全開のブログにまとめているため全体で印象に残ったポイントについて書いていきます。

砂の塔【初回限定盤】The Yellow Monkey

|

8140jDiTBIL SL1500

再集結後、待望のシングルリリースで、店舗ではお祭り騒ぎな猛プッシュ状態でしたが、今回は内容的にもとてもヤバい事になっているので紹介したいと思います。

価格は一般的なシングルの価格¥1,296なのですが、収録されている曲目が以下。

Ya

きたあああああああああああああああああ!!!!!!

ようやくALRIGHTをシングルリリースかと思ったら新曲!
そしてTBSドラマ主題歌!TBSドラマといったら「BURN」です。「職員室」っていうドラマの主題歌でまさしくイエローモンキーの人気絶頂だったころ。それ以来ということで、再終結後の扱いの大きさにファンは若干うれしい戸惑いを覚える感じですが。

The Yellow Monkeyがそこにはいた。泣いた。リアルに5回くらい泣いた。

座席は400レベルの最後方で、一挙手一投足までは見えなかったけど、全体を見渡すことが出来たし、なによりステージから発せられる彼らのオーラが、圧倒的にイエローモンキーだった。ロビンが、ヒーセが、アニーが、エマがそこにはいた。幻では無かった。とりあえず白コートのエマを人間国宝にすべき。以下ネタバレ。

15年間この日を待っていた

|

いよいよ明日。再集結したThe Yellow Monkeyをこの目で見ることになる。

彼らのライブを最後に見たのは2001年1月8日の東京ドーム。活動休止となった最後にして最大の箱でのライブだった。

「バラ色の日々」に入る前のMCでロビンは「俺達がいつか帰ってくるときに素晴らしい悔いのない人になっていて欲しい」と言った。この時はいつか帰ってきてくれるんだと信じていた。「3年後?5年後?まさか10年なんてことは・・・」と思っていた。

しかし、その3年後の7月7日に彼らは「解散」してしまった。そうだ「葬式」にも行ったんだ。最後にJAMを聞いた。

日テレの音楽特番「ザ・ミュージック・デイ」を見ましたが、予想以上にすばらしいパフォーマンスでした。

かつて「LOVELOVEあいしてる」という番組にイエローモンキーが出た時のトークで吉井さんがKinKi Kidsをプロデュースするなら「団地の妻が震撼するような曲を書きたい」(ざっくり略)と言っていて、それがついに叶ったんだなぁとw

曲調は吉井氏の最も得意とする歌謡テイストど直球+スパニッシュな世界観ですが、なにより2人のパフォーマンスが面白かった。

剛くんはレスポールを弾いて後方にはバンド編成。一方で光一くんはダンサーで後方にはフラメンコダンサーとストリングス。それぞれのソロ活動で培ってきた得意な部分をぶつけ合って融合しているようなステージングです。二人ともガラスの少年だった頃よりも歌上手くなってますし。

The Yellow Monkey 再集結1曲目を聴いた!

|

見ました。会社の外で。スマホでw

色々予想したけれど一曲目は・・・えっこの音は「バラ色の日々 ‐RAM JAM WORLD REMIX」www ひねってきたああああと思ったがこれは直前SEという位置付け・・・そしてきた曲は・・・

「プライマル。」

うわあああああああああああそう来たかああああああああああ

予想の範囲内でしたが驚きました。

News header theyellowmonkey art201604

なんだか大ゴトになってきておりまして、

TOUR2016 SPECIAL SITE | THE YELLOW MONKEY | ザ・イエロー・モンキー オフィシャルサイト

「みんなで再集結1曲目を予想してね」という企画なのですが、「著名人たちの予想コメント」なんかも出てきて、さらに「1曲目だけ各メディアで生中継!」ということになり、仕掛けてきている感が半端ないです。

せっかくなので、私自身もいろいろ予想してみたいと思います。

TheYellowMonkey2013 PIX by Mikio Ariga

活動を再開したザ・イエローモンキーの魅力を書いた記事が思いのほか好評を頂いたことに気をよくして、次はこれから初めてイエモンを聴こうと思った人におすすめするアルバムをオススメ順に紹介してみたいと思います。

「オススメ曲10選」というような記事をちょいちょい見かけるのだけど「それベスト盤1枚聴けばい話じゃん」って思うので、やっぱりアルバムで聞いてほしいなと思うのです。

20018 24773 160108 MS 171001 705x475

この日がいつかくると信じていましたが、まだ夢のようです。
思春期に出会い最も影響を受けた日本のロックバンドThe Yellow Monkeyが復活しました。

”話したいこと 山のようにあったけれど” このブログではまず彼らの何が魅力なのか客観的かつ主観的にまとめることを試みたいと思います。

Main tit

な、なんじゃこのセットリストわぁあああああ(吐血

P1060275

こんなに音変わるんだ・・・w

The Yellow Monkey結成20周年ということで色々メモリアルアイテムが出て、おそらくこれが最後?のリリースになるのかと思いますが、歴代のアルバム達をBlu-spec CD(Blu-rayディスクの技術を応用して高音質で記録するとかなんとか)のリマスター版がリリースされました。マスタリングはニューヨーク スターリング・サウンドのチーフエンジニア、テッド・ジェンセン氏。

このエマはやばい。

The Yellow Monkey Movie パンドラ 公開記念ということでパンチドランカーの各ライブ会場での未公開映像を毎日1本公開するっつー企画をやっていて、出てきたよ「クズ社会の赤いバラ」!

見てきました。

彼らの背負っていたもの、得たもの、失ったもの、影響を受けたもの、影響を与えたものの大きさが伝わりました。

そして自分が憧れたロックスターの魅力を再認識することが出来ました。

pandra.jpg
痺れますこのビジュアル。

劇場版『パンドラ ザ・イエローモンキー』のポスターが公開されました。

写真はローリング・ストーンズのオフィシャルカメラマンでもある有賀幹夫氏。

アートワークは菅谷晋一氏。

この映画のコンセプトそして「パンチドランカーツアー」を象徴するカットですね。

栄光からの凋落。

問題はeプラスの1次プレオーダーを応募しそびれたこと...。
次は忘れないようにしないとw
予告編が公開されました。

これは観たら泣いてしまう可能性が高い・・・w


キャスト:The Yellow Monkey

この映画はイエローモンキーというバンドが、セールス的人気的にピークを迎えていた頃に行った113本に渡る壮絶なツアーの模様を収めたロードムービーです。
このツアーで彼らは何かを失いました。インタビューで「冬の時代が来た」と語っていたロビン。
予告編の中で「このツアーは・・・失敗でした」というMC。
通常の精神状態ならお客さんに向かって言うような内容ではありません。
一体どのような思いがあったのか。

イエモン発売

|
フライングゲット♪

待ちきれずタワレコの試聴機で聞きますよね。
目当てはもちろんWelcome to my Doghouse 2013です。

イントロから大幅に高まった音圧に圧倒される。おぉ!
リズム隊の太さが全く違う。アニーのドンドコドラミング。うねるヒーセのベースラインが迫ってきます。これだよこれ。

そしてロビンのアコースティックギターがキラキラ、グラマラス♪
そしてエマのギターが・・・ん?なんか・・・ガチャガチャしている・・・?w
プレイがギクシャクした感じに聞こえる部分があります。リミックスで音が丸裸にされて見えてきた輪郭ですかね。しかしこれはこれで味があります。

「我がイエローモンキーは永久に不滅です!」

ファン選曲のベストアルバム「イエモン」の発売を記念して、過去のシングルのPVがフルでYouTubeにアップされました。今更かよという感は否めませんがw前は中途半端な尺しか見れなかったんです。フル尺じゃないと意味ないですよね。てか期間限定?ケチ(ry

で、PV以外にもライブ映像が何本か上がっているんです。

イエローモンキーとして最期の演奏となった↑のWelcome to my Doghouseや、

月別アーカイブ

タグクラウド