【iTunes】タグの付いたエントリー

IMG 3522

キャリアの月間通信容量制限がある現状では・・・という話。

最近、iOSのアップデートがあり、iOS7から8に移行してみたのですが、その際に音楽データが重複しまくるという問題が発生。

左記のように各曲がもれなく重複するという残念な状況に。ググったところ、iTunes Matchに登録した人は一旦ローカルにある音楽データを全て消してクラウドから再度ダウンロードすれば良いというのでやってみました。

そうすると雲がついてない方の音楽が全て消えたので重複はなくなりました。めでたしめでたし。

とは言っても音楽を聞くにはダウンロードしないといけません。ダウンロードしないでストリーミングで聴くことも出来るのですが、それをやっていると生じる問題は・・・そうです。月末の通信制限です。

私の場合はauで7GBの容量制限があり、これに月の中旬くらいに引っかかってしまいました・・・

よく聞く音楽は家のWi-Fi環境で落としていたつもりなのですが、会社で全曲ランダム再生(アルバム終わった後にそのまま再生するとよく全曲再生になる)を気付かずにしばらく聞いてしまいそうすると次々と未ダウンロードの曲をLTE環境でダウンロードしまくったようで、あっという間に上限に達してしまいました。

P1080976

iTunes Matchに登録してApple TV単体で音楽ライブラリの全曲をApple TVから直接再生できるようになりました。

【まず不具合と対処法】初めに設定した時はiTunes Matchに同期完了と出たのにiTunes Storeで購入した曲しか出てこず、おかしいなと思ったのですが、一度Apple IDをログアウトして入り直したら出てくるようになりました。

で、iTunes Matchに登録することによるApple TVのメリットについて考えてみたいと思います。

2014 05 03 21 44 59

来ないと思っていた日本でのサービスが急に始まりました。
サーバー負荷的意味で予告なしで始まったんでしょうね。 

Apple - iTunes - iTunes Match

登録すると手持ちのライブラリの曲とiTunes Store上にある曲とのマッチング作業が始まり、Store上に無い曲はiCloud上にアップロードされます。この作業は結構時間かかります。一晩放置して終わらず、どうも動いてない気がしたのでiTunesを再起動してやり直したりしてようやく登録できた感じです。

スクリーンショット 2013 09 22 12 15 30

こんなことができたんですね。

iTunesのライブラリを見ていたら上記のような表示になっているアルバムがありました。複数枚組のアルバムが1枚のサムネイルとタイトルでまとめられ、その下にディスク1,2とグループ分けされて表示されており非常にスッキリしています。

どうやらiTunes Storeで買った二枚組のアルバムが上記のような表示になっていたようです。

iTunes01.jpg
こんな具合に・・・。
よくアーティストがコラボして「フィーチャリング○○」やら「loves ○○」やらの名前がついたりしますよね。そうすると別のアーティストとして認識されて項目が分かれてしまいます。そこまで正確に管理したいならいいのですけど、探すのがめんどくさかったりしますし、1枚のアルバムの中で別れてしまうと、バラバラに表示されてしまったり。
「コンピレーションアルバム」として設定することもできますが、色んなアーティストが集まったアルバムとはまた違ったりしますので悩ましいところ。

しかしこれを簡単にまとめる方法がありました。
dvd.jpg
映画は1度見ればよほどの傑作でない限り何度も見ないので、ソフトを買うことがあまりないのですが、ミュージックビデオは何度も繰り返し見たいので、割とよく買います。
そうすると家にDVDコレクションが溜まってきます。そこで便利なのがiTunesに取り込んでライブラリ化するという方法。

iTunesに入れるメリットは、
1.好きな映像を1クリックですぐ見れる。
2.PCで見るのはもちろん、iPhone,iPad,AppleTV等で再生できる。

しかし、実際にやってみると結構手間と時間がかかります。
この手のものはググると有料のソフトが色々出てくるのですが、フリーで出来る方法で今のところ一番簡単だった方法がこれです。

1.DVDをDVD Decrypterなどを使ってリッピングしISOファイルを作る。
2.ISOファイルをDaemon Toolsなどを使ってマウントする。
3.HandBrakeというソフトでマウントしたISOファイルを読み込みMP4に変換する。
4.作成したMP4ファイルをiTunesのライブラリに登録する。
5.iPhone/iPadに入れるなり、AppleTVから再生して楽しむ。

HandBrakeというソフトが便利です。(1)(2)はHandBrakeを使うための下準備といったところです。
ISOファイルをPCに入れておくだけでもいつでもPCでDVDを再生できる環境はできますが、iTunesに取り込むためにHandBrakeを使います。

iTunesの新機能は"Genius"

|
glid.jpg
アップル祭が終わったわけですが、個人的にはアップルサイトの新iPod nanoのキービジュアルに透過PNG使ってるなってことぐらいで、発表内容は驚きが少なかったです。
そんな中で一番食いついたのが、iTunesの新機能「Genius」です。

これは「1つの曲を元に、同じような嗜好の曲をいい感じに選んでくれる機能」です。

さっそく先日紹介したAlphabeatの曲を元にGenius先生に作ってもらったところ、Scissor Sisters⇒The Killersという鮮やかなコンボを経て、David bowie(ほとんどジギー・スターダスト期のやつしか入っていないのに、その中から後期の"Heroes"を選んでくれた!)と、どこまで計算してくれてるのかわかりませんが、いい感じに選んでくれました。

月別アーカイブ

タグクラウド